【フォーカス・リーディング習得ハンドブック】読書が苦手な人へ

なぜあなたは読書が苦手なのか?

本ページが解決できる問題(読書が苦手な人の悩み)
・時間がなくて読みたい本が読めない。
・読むべきとわかっていても、時間がかかって読み切れない。
・時間をかけて本を読んだが、内容を生かせていない。

あなたが読書が苦手な理由

実はその理由は単純…これまで正しい読書の方法を学ぶ機会がなかったから。
これは、あなたのせいではありません。
そもそも、日本の教育体系内で読書を教えることはなく、教育の中で自主的に読書をする機会は、長期休暇での読書感想文の作成くらいしかありません。
こういった環境で読書に苦手意識を感じるのは、ある意味当然でしょう。

そして、物事について深く考えることもなく、与えられた勉強だけをこなしていった結果、どんな風に成長するのか想像がつくと思います。
読書に関する正しい教育を受けず、活字に苦手意識を持ったまま成人するとどうなるのか、実際に読書に関するアンケートでは以下のような結果が示されています。

・大学生1日の平均読書時間0分の割合は、2019年の時点で48.1%。

 ※全国大学生活協同組合連合会の第55回学生生活実態調査による

・インターネット上で行われた社会人を中心とした実態調査では、「読書習慣がない」と答えた人の割合が60%を超えている。

 ※株式会社クロス・マーケティングによる15~69歳の男女を対象にした「読書に関する調査(2019年版)」による

いかがでしょうか。
あなたの1日の平均読書時間は?読書習慣は?
ビジネスマンだけでなく、幼いころから正しい読書の方法を習得することは非常に重要です。
本とは著者が人生で得た知見を凝縮したものです。
私たちが数年、数十年、あるいは一生かけて経験する失敗や成功を簡潔にまとめたものです。
すなわち、苦手な読書を得意に変えるだけで、人の数倍の人生を生きることができます。
著名なビジネスマンが読書を推奨している理由は、読書にこういった特徴があるからです。

ここまで、この文書を読んで読書の重要性に気づいたあなた!
「さあ、今から近くにある本を手に取って読み始めましょう!」と私は言いません
私が言いたいことは、あらゆる本を読む前に「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」を読め!ということです。

あなたの読書は時間の浪費

先にはっきりと言っておきます。
正しい読書を身に付けずに、本を読むことは時間を浪費していることと同じです。
いくらたくさんの本を読んでも頭の中にはまったく残りません。
量が質に転化するなど都合のいいことはありません。
そんなことはない!と反論される方に質問です。一か月前に読んだ本の内容を他の人にわかりやすく説明できますか?
例え、1か月に10冊の本を読んだところで内容を理解して実生活で役立っていなければ、それは時間の無駄にすぎません。

1つ例を挙げてみましょう。
今日の夕飯のメニューを決めるために書店で料理本を立ち読みvsゴロっと横になりながら料理本をぼーっと読む
この2種類の読書方法でインプットに差が出ることは明確です。
当然のことながら、前者ははっきりとした目的意識を持って読書に臨んでおり、読んだ内容を記憶しようとしているので記憶に鮮明に残ります。
さらに料理本に掲載されているレシピで夕食を作ることで、本の内容はあなたの血となり肉となります(まさに言葉の通り!)。
ここまでで読書において重要な点の内、1つは「目的意識をもって読む」ということがわかりましたね。

読書の達人と呼ばれる人は、読書にさえコスト意識を持っています。
読書で消費した時間に対して適切なリターンが得られているのか。
つまり、本を読む前にあらかじめ目的を決めておき、その目的を達成することができたのか判断することが重要です。
読書で大切なことは「本を読むこと」ではなく、「本を読んで目的を達成する」ことです。
その「読書本来の目的」を絶対に忘れてはいけないのです。
今日から苦手な本を読むときでも、絶対に読書の目的を持ちましょう。
料理本から今日の夕食をアイディアを盗む!みたいにね。

速読は意味がない?

騙されないために…
世の中にあふれている非科学的な速読とは、、

・目を動かすだけで早く読める。
・視野を広げれば早く読める。
・数行一度に読めば数倍の速さで読める。
・潜在意識にダイレクトに写し取ると高速に処理できる。

などにわかには信じがたい内容になっています。

本書の読書方法は、そんな非科学的な速読とは違い、九州ナンバーワン私立大学である西南学院大学の通年授業(読書力養成講座)として採用されています。
また、著者自身も九州大学大学院で研究を進めています。

私の好きな言葉に中に「習慣になった努力を、実力と呼ぶ」という言葉があります。
今日から苦手な読書を習慣化させてあなたの実力にしませんか?

「習慣になった努力を、実力と呼ぶ」

通常販売価格1980円ですが、このサイトから買うと特別に980円です!
今すぐこちらからご購入下さい。

フォーカス・リーディング習得ハンドブックの紹介

以下が本の紹介です。
「習得率98%!
15年で1700人以上の人に速読を指導してきた人気速読講師が、
日本ではじめて大学教育で採用された、実績抜群の「フォーカスを明確にした速読メソッド」を大公開!
速読は、スポーツと同じで、練習すれば誰でもできるようになる!」

本書では読書を「心」、「技」、「体」の三つの観点から解説しています。
例えば、「体」の項目では、本は立って読むもしくは正座で!といったように読書をする姿勢や集中力を持続し目線の動きをコントロールする方法が具体的に書かれています。
私たちは本を読む際、周りの環境を気にすることはあっても、自分の姿勢や心構えに注意することは少ないと思いますが、本書ではそういった細かい所まで言及しています。

あなたは苦手な読書をする時に、姿勢を気にしたことはありますか?
あくまで私の想像ですが、絶対にないと思います(笑)

もし一冊の本を10分で読むことができたらどうなるでしょうか?
理想の姿を想像してみてください。

・今よりも知識を身に付けて年収がアップ
・読みたいけど時間がなくて読めない本をすべて読破
・読書で得た知識を使い、労働時間の短縮ができる。
・読書が苦手な子供がスラスラと本を読めるようになった。

通常販売価格1980円ですが、このサイトから買うと特別に980円です!
今すぐこちらからご購入下さい。

著者紹介

寺田昌嗣(てらだ・まさつぐ)


寺田昌嗣(てらだ・まさつぐ)
株式会社J-エデュケーション代表。名古屋大学(法学部)卒。元福岡県立高校公民科教諭。高校時代に「1冊を1分」をうたう速読に挫折。7年かけて独自メソッドの速読術を完成。2001 年に教職を辞して独立し、その指導と普及に当たる。
学習のための読書に最適化された実用性と 98% という習得率の高さから、大学の授業や企業の社員研修として採用され、主催する講座は多数のビジネス書ベストセラー作家がクチコミで門を叩く人気ぶり。
現在、速読技術と独自に開発した高速学習メソッドとを体系化した「アカデミックな読書法」の完成を目指して、九州大学大学院(教育学)博士後期課程に在籍し、「読書教育」と「学習戦略」の研究に取り組んでいる。

実際に読んだ人の感想

読んで本当によかった!
最近、本を読んでインプットをしないといけないと思うことがあり、本を読むようになりました。しかし、元々読書が好きではないので、1冊読むのでも一苦労。。何日もかけて読んでました。
どうしたらいいのかと思ってる時にこの本を手に取りました。
中には、読む時の姿勢や心のあり方、実際にどのように読んでいくのかなどが書かれており、個人的にはとても面白く、勉強になりました。
この本自体もスラスラと読めてしまい、読み終わったあとに早速別の本を読みましたが、1日で読めてしまいました!

速読を疑っていませんか?
この書籍との出会いに感謝しています。
実際、もっと早く出会っていればと思うほどです。
私はずっと速読に対して疑いを持ち、早さの分 理解の低下は当然と言う考え方をしてきました。
しかし、この書籍で紹介されている、簡単なトレーニングと、読書スタイルの意識で、格段に効率の良い読書に変わるのです。
貴重な時間を有効に、好きな本をもう一冊、が叶うのです。
これから、もっと沢山の本が読めると思うと嬉しくなります。
ぜひ、試してみてください。

出会いに感謝します!
速読の指南書を3時間半かかって読みました(汗)普段から本を読むのは好きな方ですが、一冊につき3~5時間ほど掛かってしまうため時間が取れない時には本を手に取る事自体が躊躇われてしまいます。
速読できたらなぁと以前から興味はあったのですが、この本に出会えて本当に良かったです。「何の為に本を読むのか」という目的にフォーカスを当てる。ただ「読む」のではなく、その先にある「そして何をするか」にまで焦点を当てて、その為に速読する。という考え方にハッ!とさせられました。自分が普段いかに目的を見失った読書をしているかに気付かされました。
最初に読むのに掛かった時間が3時間半、一通り読んだあと直ぐにもう一度、今度は書かれているメソッドを活かして速読すると、10分間で3分の1くらいは読めました。これから1ヶ月か3ヶ月かあるいは半年か…この本と長くお付き合いして『一冊10分』の技術を習得し、今後の人生をより豊かに出来るよう実践していきたいと思います!

口コミはこちら:http://directlink.jp/tracking/af/1519862/R15XXNwN/

返金保証

さらに本を購入してから90日以内なら無条件に返金します。
しかも、なんと本を返品する必要はありません!
私ははじめ、嘘みたいな話だと思いました。
だってそうでしょう?
通常、出版業界には保証なんてありません。ゴミのような内容の本だとしても購入した時点で返品を受け付けていないことが普通です。
もし返品を受け付けると、たちまち出版社の利益が減少してしまうでしょう。
では、なぜダイレクト出版は返金保証を受け付けているのでしょうか?

ここからは私個人の考えですが、キングコングの西野亮廣さんが「信用を貯める」というお話をされていたことがありました。
信用が貯まっていれば、いつでもお金に還元することができるということです。
ダイレクト出版も同じ考えではないでしょうか。
例え一時的に損失が発生したとしても、しっかりと返金することで顧客の信用を貯めることができます。
反対に顧客は損をすることがないので、1度返金されることで別の本も購入してみようと思い、ダイレクト出版への信頼が上がります。

内容の濃い書籍を販売することでダイレクト出版のファンを増やしていき、収益をアップさせる。

また、会社側でも「内容の薄い本を出版すると損失が発生する」と思い、仕事に対する緊張感・責任感・モチベーションが上がるのではないでしょうか。
これは、本当に良い販売方法だなと感じています。

「買わないことで損をする」ダイレクト出版の本に出会い、私は初めてそう感じました。
全額返金保証がついているにも関わらず試さない、損していると思いませんか?

ちなみに実際に私もダイレクト出版から別の本を購入し、返金してもらった経験があります。
ですが、本書を購入した方が返金を希望されることはないと思います。
それだけ価値ある内容が詰まった本です。

通常販売価格1980円ですが、このサイトから買うと特別に980円です!
今すぐこちらからご購入下さい。

※なお、個人的に以下のような考えの方は本書を購入する必要はないと考えています。
「読書が苦手だけど、これから先も本を読む必要はない」
「年収アップや知識を深めることに全く興味がない」
「向上心がなく一生低賃金で生きていく」

【フォーカス・リーディング習得ハンドブック】読書が苦手な人へ
タイトルとURLをコピーしました